看護実習・国試必修問題対策・勉強法!看護学生の悩みをナースフォローが解決

【2】第100回看護師国家試験!心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関する必修問題

心的外傷後ストレス障害(PTSD)に関する必修問題

【心的外傷後ストレス障害(PTSD)】

第100回看護師国家試験必修問題【午後16】

心的外傷後ストレス障害(PTSD)で正しいのはどれか?

1:数日間で症状は消失する

2:特定の性格を持った人に起こる

3:日常のささいな出来事が原因となって生じる

4:原因になった出来事の記憶が繰り返しよみがえる


(シンキングタイム♪)


答えが解った人はこちらからどうぞ♪

  • 正解は・・・ケアレスミスは絶対に避けたい必修問題!
    • 正解は4

      4:原因になった出来事の記憶が繰り返しよみがえる
      →○

      心的外傷後ストレス障害(PTSD)は外傷になった原因によって
      体験が何度もよみがえる再体験(フラッシュバック)がみられる


      1:数日間で症状は消失する
      →×

      心的外傷による心身にきたいしている状態が
      1ヶ月以上持続するものを心的外傷後ストレス障害(PTSD)という

      1ヶ月未満のものASD(急性ストレス障害)という


      2:特定の性格を持った人に起こる
      →×

      PTSDは特定の性格ではなく
      事件や事故、災害などの体験によって起こるため誰にでも起こりえる


      3:日常のささいな出来事が原因となって生じる
      →×

      事件や事故、災害などの衝撃的な出来事が原因となって起こる傷害である


スポンサーリンク


看護師国家試験必修問題出題基準

【Ⅲ】看護に必要な人体の構造と機能・健康障害と回復の基本的理解

11:病態と看護

  • (A):症状と看護

a:意識障害
b:ショック
c:高体温・低体温
d:脱水
e:黄疸
f:頭痛
g:咳嗽・喀痰
h:吐血・喀血
i:チアノーゼ
j:呼吸困難
k:胸痛
l:不整脈
m:腹痛・腹部膨満
n:嘔気・嘔吐
o:下痢
p:便秘
q:下血
r:乏尿・無尿・頻尿
s:浮腫
t:貧血
u:睡眠障害
v:感覚の異常
w:運動の異常(麻痺・失調)
x:けいれん

  • (B):主要疾患と看護

a:生活習慣病
b:がん
c:感染症
d:外因性障害
e:精神疾患
f:小児疾患
g:高齢者の疾患


必修問題の傾向と対策

【Ⅲ】看護に必要な人体の構造と機能・健康障害と回復の基本的理解

この分野からは、生命活動と健康障害と回復について出題されます。
解剖生理学については、全ての項目や実践に関係しているので
しっかりと学習して下さい。


11:病態と看護に関する指標の頻出内容

☆症状と看護
・黄疸、チアノーゼ、胸痛など

☆生活習慣病
・虚血性心疾患、高血圧症

☆感染症
・インフルエンザ

☆外因性障害
・骨折

☆精神疾患
・うつ

☆小児疾患
・小児感染症

☆高齢者の疾患
・認知症、骨粗鬆症



スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional