看護実習・国試必修問題対策・勉強法!看護学生の悩みをナースフォローが解決

【1】第106回看護師国家試験!昼間の騒音に関する必修問題

昼間の騒音に関する必修問題

【昼間の騒音】

第106回看護師国家試験必修問題【午前20】

療養施設、社会福祉施設等が集合して設置されている地域の昼間の騒音について
環境基本法に基づく環境基準で定められているのはどれか?

1:20dB以下

2:50dB以下

3:80dB以下

4:110dB以下


(シンキングタイム♪)


答えが解った人はこちらからどうぞ♪

  • 正解は・・・ケアレスミスは絶対に避けたい必修問題!
    • 正解は2

      環境基準では療養施設や社会福祉施設がある地域では
      特に静かにしなければいけないAAとされている

      昼間の時間は、午前6時から午後10まで
      夜間の時間は、午後10時から翌日の午前6時まで


      【AA地域:療養施設などが集合している地域】
      昼間の騒音基準
      50デシベル以下

      夜間の騒音基準
      40デシベル以下


      【A及びB地域:住居がある地域】
      昼間の騒音基準
      55デシベル以下

      夜間の騒音基準
      45デシベル以下


      【C地域:商業、工業用の地域】
      昼間の騒音基準
      60デシベル以下

      夜間の騒音基準
      50デシベル以下


スポンサーリンク


看護師国家試験必修問題出題基準

【Ⅳ】看護技術の基本的理解

15:患者の安全・安楽を守る技術

  • (A):療養環境

a:病室環境
b:共有スペース
c:居住スペース

  • (B):医療安全対策

a:転倒・転落の防止
b:誤薬の防止
c:患者誤認の防止
d:誤嚥・窒息の防止
e:情報伝達と共有・管理

  • (C):院内感染防止対策

a:スタンダードプリコーション
b:手洗いの方法
c:無菌操作
d:滅菌と消毒の方法
e:針刺し・切創の防止
f:感染性廃棄物の取り扱い


必修問題の傾向と対策

【Ⅳ】看護技術の基本的理解

この分野からは、看護技術に関する問題が出題されます。
看護技術は、解剖生理学をもとに根拠を基に学習を深める必要があります。
この項目についても出題頻度が高いのでしっかりと学習しましょう。


15:患者の安全・安楽を守る技術に関する指標の頻出内容

☆医療安全対策
・誤嚥予防

☆院内感染防止対策
・スタンダードプリコーション



スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional