看護実習・国試必修問題対策・勉強法!看護学生の悩みをナースフォローが解決

【1】第103回看護師国家試験!感染性医療廃棄物に関する必修問題

看護師国家試験!感染性医療廃棄物に関する必修問題

【感染性医療廃棄物】

第103回看護師国家試験必修問題【午前18】

感染性医療廃棄物の廃棄容器に表示するのはどれか?

感染性医療廃棄物

1:①

2:②

3:③

4:④


(シンキングタイム♪)


答えが解った人はこちらからどうぞ♪

  • 正解は・・・ケアレスミスは絶対に避けたい必修問題!

    • 正解は1

      感染性医療廃棄物の廃棄容器に表示しないといけないのは
      ①のバイオハザードマークです。

      バイオハザードマークは3種類あり容器に入れるものによって
      色分けされている。


      [check]赤色のバイオハザードマーク
      泥状のものや血液などの液体を入れる容器で
      液状のものを入れるため密閉され洩れない容器になっている。

      [check]黄色のバイオハザードマーク
      とがっている注射針や鋭利なメスなどを入れる容器で
      貫通しないようになっている容器

      [check]橙色のバイオハザードマーク
      血液や浸出液などが付着したガーゼなどの
      固形状のものを入れる容器で破れないプラスチック袋を
      二重にして使用する。


      ②放射線管理マーク
      放射線管理マークは3つの葉をイメージしたもので
      中心の丸のマークは原子核をイメージされており
      それぞれの葉の部分はα線、β線、γ線をイメージしている。


      ③ヘリポートマーク
      Hのマークは、Heliport(ヘリポート)の頭文字で
      ヘリコプターが離着陸できる場所の事である。

      ちなみにビルの屋上などにHマークと同じように
      Rマークを見かける事があるがRマークは
      Rescue(レスキュー)の頭文字で避難や救助
      緊急搬送などで使用されるがRマークの場所は
      ヘリコプターが離着陸できる強度になっていない為
      空に浮かんだまま救助などをしなければいけません。


      ④車両の標識:車両通行止め

      車両通行止めのマークは、車やバイクなどの車両は
      通行できないと場所である事を示しています。


スポンサーリンク


看護師国家試験必修問題出題基準

15:患者の安全・安楽を守る技術

  • (A):療養環境

a:病室環境
b:共有スペース
c:居住スペース

  • (B):医療安全対策

a:転倒・転落の防止
b:誤薬の防止
c:患者誤認の防止
d:誤嚥・窒息の防止
e:情報伝達と共有・管理

  • (C):院内感染防止対策

a:スタンダードプリコーション
b:手洗いの方法
c:無菌操作
d:滅菌と消毒の方法
e:針刺し・切創の防止
f:感染性廃棄物の取り扱い


必修問題の傾向と対策

【Ⅳ】看護技術の基本的理解

この分野からは、看護技術に関する問題が出題されます。
看護技術は、解剖生理学をもとに根拠を基に学習を深める必要があります。
この項目についても出題頻度が高いのでしっかりと学習しましょう。


15:患者の安全・安楽を守る技術に関する指標の頻出内容

☆医療安全対策
・誤嚥予防

☆院内感染防止対策
・スタンダードプリコーション


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional