看護実習・国試必修問題対策・勉強法!看護学生の悩みをナースフォローが解決

【1】看護師国家試験!麻薬に関する必修問題

看護師国家試験!麻薬に関する必修問題

【麻薬】

がん性疼痛について正しいのは次のうちどれか?

1:麻薬は痛みが出た時に使用する

2:麻薬使用の第一選択は内服である

3:麻薬の使用は余命によって決まる

4:麻薬の使用目的はがんの進行を遅くするためである


(シンキングタイム♪)


答えが解った人はこちらからどうぞ♪

  • 正解は・・・ケアレスミスは絶対に避けたい必修問題!
    • 正解は2

      2:麻薬使用の第一選択は内服である
      →○

      内服→座薬→注射の順で使用する


      1:麻薬は痛みが出た時に使用する
      →×

      屯用での使用では疼痛のコントロールが出来ないため
      時間ごとに使用する。

      時間ごとに使用しても疼痛が取れない時は
      臨時追加服用薬(レスキュードズ)を使用する


      3:麻薬の使用は余命によって決まる
      →×

      余命ではなく患者の痛みの強さで決める

      4:麻薬の使用目的はがんの進行を遅くするためである
      →×

      麻薬を使用する最終目的は、患者のQOLの向上のためである


      【WHOの基本5原則】

      1:経口投与を基本とする
      2:効力の順に鎮痛薬を選ぶ
      3:患者ごとに適量を決める
      4:時間を決めて規則正しく投与する
      5:細かい配慮をする


      【WHO3段階除痛ラダー】

      1:痛みの残存ないし増強

      [check]非オピオイド
      [check]必要持に鎮痛補助薬を使用


      2:痛みの残存ないし増強

      [check]軽度から中等度の強さの痛みに用いるオピオイド
      [check]必要時に非オピオイドを使用
      [check]必要時に鎮痛補助薬を使用


      3:がんの疼痛からの解放

      [check]中等度から高度の強さの痛みに使用するオピオイド
      [check]必要時に非オピオイドを使用
      [check]必要時に鎮痛補助薬を使用


スポンサーリンク


看護師国家試験必修問題出題基準

【Ⅲ】看護に必要な人体の構造と機能・健康障害と回復の基本的理解

12:薬物治慮に伴う反応

  • (A):主な薬物の作用と副作用

a:抗菌薬
b:抗ウイルス薬
c:抗癌薬
d:強心薬・抗不整脈薬
e:狭心症治療薬
f:降圧薬・昇圧薬
g:利尿薬
h:副腎皮質ステロイド
i:糖尿病治療薬
j:中枢神経作用薬
k:麻薬
l:消炎鎮痛薬

  • (B):医療品の安全対策

a:混合の可否
b:禁忌
c:保存方法
d:薬理効果に影響する要因


必修問題の傾向と対策

【Ⅲ】看護に必要な人体の構造と機能・健康障害と回復の基本的理解

この分野からは、生命活動と健康障害と回復について出題されます。
解剖生理学については、全ての項目や実践に関係しているので
しっかりと学習して下さい。


12:薬物治慮に伴う反応に関する指標の頻出内容

☆主な薬物の作用と副作用
・抗ウィルス薬、抗癌薬

☆医薬品の安全対策
・禁忌


スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional