看護実習・国試必修問題対策・勉強法!看護学生の悩みをナースフォローが解決

【1】介護保険の被保険者に関する必修問題

【1】介護保険の被保険者に関する必修問題

【介護保険の被保険者】

次のうち介護保険の被保険者はどれか?

1:20歳以上の人

2:30歳以上の人

3:40歳以上の人

4:50歳以上の人

5:60歳以上の人


(シンキングタイム♪)


答えが解った人はこちらからどうぞ♪

  • 正解は・・・ケアレスミスは絶対に避けたい必修問題!
    • 正解は3

      介護保険の被保険者は40歳以上の人であり、40歳以上になると介護保険料を支払わなくてはいけなくなる


      ■介護保険の被保険者
      ・第1号被保険者
      65歳以上の人
      介護認定で要介護もしくは要支援状態にあると認定を受けた場合に給付を受ける事ができる

      ・第2号被保険者
      40~65歳未満の医療保険に加入している人
      介護保険法による特別疾病16種類に認定されていて、介護認定で要介護もしくは要支援状態にあると認定を受けた場合に給付を受ける事ができる


      ■介護保険法で定める特定疾病(平成18年4月)
      1:末期がん
      2:筋委縮性側索硬化症
      3:骨折を伴う骨粗鬆症
      4:関節リウマチ
      5:後縦靱帯骨化症
      6:多系統萎縮症
      7:初老期における認知症
      8:早老症
      9:閉塞性動脈硬化症
      10:進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
      11:脳血管疾患
      12:慢性閉塞性肺疾患
      13:脊髄小脳変性症
      14:両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症
      15:脊柱管狭窄症
      16:糖尿病性神経障害・腎症・網膜症


      ■給付内容
      ・予防給付
      介護予防サービス

      ・介護給付
      居宅サービス、施設サービス

      ・地域密着型(介護予防)サービス


      ■介護保険優先の原則
      介護保険は他の公費負担医療よりも優先される
      介護保険給付の自己負担分の1割を公費負担医療の給付にあてられる

スポンサーリンク


看護国師問題出題基準

【Ⅰ】看護の社会的側面・倫理的側面の基本的理解

3:保健医療制度の基本

  • (A):医療保険制度

a:医療保険の種類
b:国民皆保険
c:国民医療費
d:高齢者医療制度
e:給付の内容

  • (B):介護保険制度

a:保険者
b:被保険者
c:給付の内容
d:要介護認定


必修問題の傾向と対策

【Ⅰ】看護の社会的側面・倫理的側面の基本的理解

この分野からは、日本の公衆衛生の統計や医療法規について出題されます。
数字がたくさん出題され記憶があいまいだと数字がごちゃごちゃになって
しまいますが3年から5年程度は覚えておきたいところです。


3:保健医療制度の基本の頻出内容

☆医療保険制度
・医療保険制度の概要と具体的な保険者の責務、生活保護法の医療扶助

☆介護保険制度
・第1号被保険者と第2号保険者
 申請制度、サービス内容、介護支援専門員の役割

スポンサーリンク


powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional